電通 並河進さんの推薦で、行ってきました。

GHIT Fund 1st Anniversary Event“Global Health R&D Showcase”

29

現在途上国で問題になっている病気は、患者が貧しく社会的に認知されていないことから、Neglected Diseases(顧みられない病気)と呼ばれ、世界で10億人もの人々の生活を破滅に追いやっています。

しかし、途上国で必要とされている新薬には、市場原理が働かず、開発に企業が投資できないという現状があります。

それらの問題を解決するため、GHITは2013年4月に設立。ビル&メリンダ・ゲイツ財団と、日本の製薬会社5社などが資金を提供し、「途上国の感染症を解決する新薬の開発を行う」という活動をしています。

photo0000-1289

話の内容自体は難しいことも多いのですが、こうやって本気で世界を救おうと活動している人がいることを知るのが大切です。しかも、あのビル・ゲイツと一緒に面白いことをやっている日本人がいるだなんて、ワクワクしませんか?そうやってGHITの活動を知り、世界の課題を考える人が増え、協力の輪が広がっていってほしいと、GHIT Fundの代表理事・会長の黒川氏は言います。

今回のイベントは、六本木ヒルズ49階という場所もあったのでしょうか、ハイクラスの社会人ばかりが来ている印象でした。それはちょっと違うなと思って。もっともっとたくさんの人に知ってもらいたい活動なので、こちらで書かせてもらいました。僕も、今後の活動をチェックし続けたいと思います。