5/27 並河進×箭内道彦トークイベント
「Communication Shift 僕たちはこれから何をつくっていくのだろう」に参加してきました。

並河さんと箭内さん
もとい
ムードメーカーとドリームメーカーの対談!w

まずはお互いの下積み時代である悶々期の話から始まり、それを乗り越えるために勝手にクライアントのCMをつくってみたり、勝手に社内でトークイベントを行なったり、というお話へ。

肝心のソーシャルグッドの話は少なかったけど、お二人がどうやって世に出て来たのかを聞けたのは、悶々期真っ只中の僕には価値がありました 笑

08

なんだかんだ僕が広告に興味を持ったのも、並河さんの影響が大きくて、目標の人なんです。
だから このサイン本は、僕がやりたいことに迷ったときの道しるべになってくれるはず。

世界中の人が幸せになるまで、
僕らの仕事は終わらない ー 箭内道彦

ソーシャルデザインはお洒落な言葉で終わってはいけない。一過性の流行ではなく、定着させないと。しかし、それは劇的に何かを変えるのではなく、じわじわ浸透していくもの、と箭内さん。確かにその通り。「世界中の人が幸せになるまで」だなんて、道のりは長そうです。

まあそれにしても、終始ニコニコしてたなあ。並河さん 笑