タイトルは、1994年 神谷幸之助さんが書いたタイ国際航空の広告キャッチコピーです。この日はバンコク市内の観光スポットをうろうろとしたのですが、このキャッチコピーの通りで、なかなか体力が要ります。熱気、刺激、混沌・・・、まさに若いうちに行くべき国の一つでしょう。

では、本日一発目はバンコク最古の寺院ワット・ポーです!
2014-08-31-15-31-16
タイと言ったら寝釈迦仏!きんぴかですね。寝そべっているのが世のお父さんだと煙たがられるのに、釈迦様だと崇められるのかと思うと複雑ですが(笑)足の裏まで、有り難く写真を撮らせていただきますw


ウェディングドレスで写真撮影しているカップルがいました。
タイ人にとっても由緒正しき場所なのでしょう。 

続いて同じくワット(寺院)のワット・プラケオ
2013-05-14-16-04-49
こちらも きんぴか!ですが500バーツと高額なので入場はせず。でも冷静になると1500円。日本で1回美術館に入るのと同じ・・・。途上国に行くと、人は知らず知らずのうちにケチになるものなのです(笑)

三大ワットの最後はワット・アルンです!
2014-08-31-18-19-28
基本的には「チャオプラヤー・エクスプレス」に乗っていくと思いますが、サバーン・タクーシン駅からアクセスするのが楽です。その辺りはこちらのサイトで。

ワット・アルンは上まで登れるのですが、今までに上った階段の中で一番急!! 手すりから手を離すと落ちます。ほんとに壁みたいな階段です。お年寄りや高所恐怖症の人はちょっと厳しいかもしれません。ちなみに、このももクロマスコット、これからちょいちょい出てきますのでご了承ください(笑)


おまけのカオサン通り
バックパッカーの聖地ですが、カオサンは"夜"です。昼に行っても、特に何もありませんw アクセスも悪いので交通手段を考えて行ってください。


それにしても暑い国ですね。この日の気温は35~38度。日陰の少ない中で迷ってうろうろしていると、すぐに日射病ぎみになってしまいました。トゥクトゥクの多用、水分補給、ルートの確認を事前にしておくなどの対策が必要です。
 
 2013-05-14-16-34-38
飲み物は、露天で売っているオレンジジュースやマンゴージュースが美味しかったです。一方、タイで有名なマンゴーですが、露天のものはカピカピに乾いていて不味かったので手を出さない方が無難ですね。