今日はツアーに全て任せました。ノルマンディーの田舎村に寄ってからモンサンミッシェルへ向かう、丸一日のツアーです。朝の5:30頃に起きて集合場所へ向かいます。同じツアーにハネムーンの方もいらっしゃって、なんだか羨ましかったです。やっぱり新婚旅行はヨーロッパかなと妄想する朝、日が昇る前にバスは出発しました。モンサンミッシェルまでは片道3〜4時間くらいでしょうか。

途中、ブブロン・オン・オージュ村に寄りました。正直、おまけ程度にしか考えていなかったのですが、本当に素晴らしかったです。

2014-08-21-15-40-22
左:パン屋で売っていた「ブブロン」が激うまです!この村に来たら、まず最初に確保してください。すぐに売り切れてしまいますので。
右:それからガイドさんおすすめの「りんごビール」が、パン屋の真向かいの店で売っています。ちょっと時間がなかったのでスルーしてしまいましたが、ブブロンのクオリティから連想するとこれも当たりだと思います。

2014-08-21-16-22-44
残りの時間はひたすら写真を撮っていました。どこを切り取っても画になる。さすがフランスの田舎町ですね。


ブブロン村をあとにして、昼食はモンサンミッシェル名物の「オムレツ」をいただきます。えー率直に言うと、ふわっふわなだけで、それほど美味しくはないですw


それよりもノルマンディー地方まで来たら「シードル」というりんご酒がおすすめです。そして、飲んではいませんが、シードルをさらに蒸留させたアルコール度数40度の「カルヴァドス」も美味しいと思います。



さあ、昼食後はいよいよモン・サン・ミッシェルです。
このバスで5分ほど行くと、目の前にドーーン!!

2012-09-25-14-49-24
いやー、ラピュタスポット(笑)モン・サン・ミッシェルは、要塞、牢獄、修道院と様々な顔をもつ「西洋の驚異」と称された世界遺産です。Mont Saint-Michelはその名の通り「聖ミカエルの丘」という意味で、尖塔の上には金ぴかのミカエルが乗っかっています。

2014-08-21-18-24-48
グランド・リュというお土産屋が並ぶメインストリートを進みます。時間のない方は、まず修道院を先に攻略することを考えましょう。グランドリュを歩いていた時には雨が降っていたのですが、修道院のてっぺんに着く頃には止んでいました。

2012-09-25-13-13-27
↑てっぺんから


地元の中学生か高校生の、課外活動かボランティアといったところでしょうか。にしても、そこ入って良い場所なんですね。思わず20倍ズームで撮りました(笑)

2014-08-21-19-45-58
続いて修道院内部をぐるぐる見学しながら降りてきます。

降りてきたらお土産に行くと思います。塩バターキャラメルソルトが有名みたいですが、実はパリでも売ってたりします(笑)なかなか来られないからといって、むやみに買うのはおすすめできません。僕はタペストリー1つだけ買いました。

ここまで、モンサンミッシェルに入ってから2時間強。しっかり楽しむなら3~4時間は欲しいところです。3時間以上を確保したい人は、ツアーではなく電車に乗って個人で行った方が良いのかもしれません。もしくは、泊まり込みで夜景を堪能するというのもいいですね。