今日は観光です。ジャイプールをピンクシティと呼ぶのですが、まあ僕も初めて聞いた時には、いかがわしい街かと思いましたが違います。1876年、英国の王子が来印の際に、歓迎の意味で街中をピンクに染めたことが始まりだそうです。

ピンク色の門をくぐり、まず目に飛び込んできたのは、ジャイプールのシンボル
風の宮殿(ハワー・マハル)
宮廷の女性が街の様子を見るための建物です。だから小窓が大量にあるのですね。

続いてジャンタル・マンタルまで歩きます。

こちらはシティ・パレスの一角にある天文台です。それぞれが精密な測定をしている機器ですが、正直どうやって測っているのか分かりにくいです。ガイドがいるということなので、ここは本当にガイドをおすすめします。

シティ・パレスの宮殿の方にも立ち寄ります。

今でもマハラジャが住んでいるそうですね。

午後は、ジャイプール郊外のアンベール城を観光します。本当は象に乗って優雅にマハラジャ気分を味わいたかったのですが、当日はすでに象タクシーは終了していて残念。
2014-08-16-08-12-50
アンベール城は、16世紀にこの地を支配したカッチャワ家の王国(アンベール王国)の砦に、1592年ムガル帝国の第3代皇帝アクバルの軍司令官ラージプート族の王様ラジャ・マン・シィン1世が大規模な増改築を加えたものです。以後、歴代の王に増改築をされて今に至ります。

見所はたくさんあります。世界一美しいと言われるガネーシャ門、鏡が一面にちりばめられた鏡の間、マハラジャが宴をしていたハーレム・・・。奥に進めば、アップダウンが激しい迷路のような構造に気分が高まります。城内の見学が一通り終わって、外を眺めてみると絶景が広がります。 

p.s.
有名な映画館があるジャイプールにちなみ、おすすめのインド映画を挙げておきます。

きっと、うまくいく [DVD]
アーミル・カーン
Happinet(SB)(D)
2013-12-03

 
スラムドッグ$ミリオネア [DVD]
デーブ・パテル
メディアファクトリー
2009-10-23