今日はワイナピチュに登るため、早起きです。ワイナピチュに登れるのは、一日400人限定。ということで、はりきってAM3:30にバスの列に並びましたが、誰もいませんでした。つまり一番のり(笑)AM5:30発のバス列は、最終的に100人くらいになりました。


徒歩でも行けるのですが、この暗さで何時間も歩くのは厳しい。そう判断しバスを待っていましたが、4時頃から ちらほらと徒歩で向かう人も見かけました。

結局、ワイナピチュの入口には5番目くらいに着きました。マチュピチュは老いた峰、ワイナピチュは若い峰という意味です。


登山に関しては、2600m→3000mの400m上がるだけなので、若者なら問題ないでしょう。AM7:00に登り始めて、早目に歩いて45分で登頂。ただ、景色も素晴らしいので、ゆっくり歩いた方が楽しめると思います。


↑頂上ではこんな感じになりますw
平地はなく、岩がごつごつ並んでいるだけです。


頂上からマチュピチュを眺めると、雲がかかっていることが多いので、少し降りた場所から撮影すると上手く撮れると思います。


柵はほとんどないので、落ちないでくださいね!


ワイナピチュを降りたら、映画「モーターサイクルダイアリーズ」の真似をして、読書のシーンを再現してみると気分が高まります(笑)僕は階段状になっているところで、音楽を聴きながら、日記を書いてみました!贅沢な時間の使い方だと思います。おすすめです。

ちなみに、出口では記念のハンコを押せます。パスポート、日記、チケット、お好きなところにどうぞ。

 
それではクスコに帰ります。
 

帰りはビスタドームに乗りました。車内で行うファッションショーの実演販売で有名な列車です。

クスコの夜景。標高が高いので、光の伸びも長いそうです。明日はクスコの市内観光です。