花樹海」は高松市の小高い丘に位置する旅館です。
久しぶりに良い旅館に巡り合ったので紹介したいと思います!

まず今回「花樹海」を選んだのはウォーターフロントフェスティバルの入場券が付いているからなのですが、タクシーの運ちゃんによるとどうやら高松一の旅館だそうです。


宿泊した部屋(部屋から畑仕事中のおばあちゃんが見えたw) 

サンポートの会場まで距離があったので、送り迎えもしていただいてビジネスホテルとはやはり違います(笑)さらに、その日の午前中に中野うどん学校でつくった生地を料理する手段がなかったため廃棄してもらうようお願いしたところ、なんと湯がいてうどんを作ってくれました!マニュアル以外のホスピタリティを受けると、人って感動するんですね。この体験が今回記事を書こうと思った最大の理由です。

夕食(牛柳川風、讃岐の押し抜き寿司、鮎の奉書巻き など)

そして何と言っても目玉の温泉!最上階の大浴場からの景色が素晴らしいです。僕は夜と早朝の2回入りました。夜は高松市の夜景にうっとり、早朝には瀬戸内海に浮かぶ島々を眺めながらリラックスできます。朝と夜で見える景色が全く違うので、ここは2回入るべきだと思います!


ここにはまた来たいな。次回の瀬戸内国際芸術祭なんかいいタイミングかも。その際にはもっとグレードアップした露天風呂付きの部屋などに泊まってみたいですね。